Tomomi Head shot

代表挨拶


 「Open to New Possibilities」

コーチとして「人が持っている才能を呼び覚まし、世界を変えたいという志を持つヒーローをこの世に沢山誕生させる。」ことが、生涯をかけて挑戦し続けたい人生の目的(ミッション)です。

ヒーローとは、「超人的な能力でこの世を救う人」というイメージを持っている人が多いと思います。しかし、人は皆、その気になれば誰でもヒーローになれるのです。私たち一人ひとり、この世界に役立てるべきギフト(才能) を持って生まれてきています。ヒーローとはそのギフトを最大限活用し、世界を変えようとリーダーシップを発揮して志を遂行できる人です。

このヒーローの考え方は、会社や組織にも当てはまります。会社、組織とは「人」の集合体で、組織の基盤は働いている人達です。私は、働いている一人ひとりが尊重され、ギフト(才能)を活かせる会社・組織が国を問わず、この世に増えていほしいという願いを持ち、株式会社Seize The Dayを設立しました。

組織をよりよくするためには、意図的な協働関係を作りあげていくことが重要となります。意図的な協働関係(Designed Alliance)とは、ミッションやビジョン、チームクレドなど、共通の意図を持ち関係性を築くことです。私たちの提供する組織開発ソリューションは、関係性を大切にし、協働関係をデザインしていくことにより、組織を本来あるべき姿または、新しい形へと変容するよう支援します。

個人が持っているギフト (才能) を最大限に使い人と協力することで、そこにはシナジーが生まれ、クリエイティビティの高い成果が創造できます。私たちは、「人のギフト(才能)× 組織の潜在能力」が創り出す可能性を信じ、この世に多くの「志の高い人や組織」が増えるよう支援し続けていきたいと思います。

株式会社Seize The Day

代表取締役 小谷 奉美


小谷 奉美(Tomomi Kotani) 

プロフィール

兵庫県芦屋市出身。高校卒業後渡米し、University of Colorado Denver経営学部金融学科卒業。同大学の大学院で情報システム学修士課程中、インテルジャパンに採用され日本に帰国。

入社後、プロジェクトマネージャとして、アジア全域での社内向け主要ツール・アプリケーションの開発及び導入を指揮。ITコンサルタントとして、IT利活用推進・導入しをリードし、社長を筆頭とした役員の新しいワークスタイルを提案し、従業員の生産性効率化・向上も推進。同社社長補佐官として、企業戦略や事業の方向性の調整を行なうほか、インテルジャパンの戦略を社内外に発信する役割も担う。

その後、日本マイクロソフトで、シニアトレード・マーケティング・マネージャーとして、マイクロソフト・アドバタイジングの主要製品の市場進出戦略を担当する中、コーチングと出会い、2015年プロのコーチとして独立し、エグゼクティブ・コーチ、リーダーシップ・トレーナー、組織開発コーチとして活動。

2016年に株式会社Seize The Dayを設立、代表取締役として就任。